旅とカメラと自転車と 

大学院生のゆるゆる冒険記録

day.246 カリブの海に誘われて


f:id:remaker314:20180510225808j:image

Trinidad - Cien Huegos

 

昨日同じ宿に泊まっていた方に提供してもらった醤油(セブンプレミアム特選丸大豆醤油)が美味すぎて日本食食べたい欲が爆発しているやしまるです。

ラーメン唐揚げ餃子肉まん肉じゃが角煮筑前煮焼き鳥寿司納豆ご飯漬物冷奴お浸し豚カツ天ぷら味噌汁食べてぇぇぇえええええ!!(*´Д`*)

 

はい。

今日は他の旅行者の方達は昨日僕が行った滝に乗馬ツアーに行ったり、オーナーのレオと釣りに行ったりするそう。楽しそうですなぁ。

トリニダーは本当に1日だけの滞在は勿体ないと感じました。程よい観光地なので町人もある程度外国人に慣れてて町中の視線を独り占めなんてことはないですし、対応も朗らか。

 
f:id:remaker314:20180510225615j:image

東側の小さい村なんかは、初めに僕を見たときの顔つきが完全に『警戒』だったりする。まぁ日本で田舎に黒人の汗だくのチャリダーが走ってきたら絶対ギョッとなりますよね。そりゃそうだ。

こっちから挨拶すれば、『警戒』が『興味』に変わって、そして最終的には『笑顔』になるのはどこも同じ。こちらが心を開けば相手も開いてくれる。

 

美味しいカクテル屋や居心地の良い宿もあるし、3日はいたかった。逆に旅の序盤で来ていたら確実に沈没してましたね。次来るときの楽しみです!そう思うことにする!

 

宿で会った人の中で、一番話したのはキューバ観光協会に在籍しているかおりさん。

彼女はキューバレストランに通ううちにキューバに興味を持ち、今では三年連続キューバに来る根っからのキューバ好きウーマン!🇨🇺

f:id:remaker314:20180514015145j:image

昨日僕あった松尾さんとも関わりがあり日本とキューバの国交にも一役買っている面白い方でした。海外で会う日本人って凄い人が多い、多すぎて上には上がいるって実感させられます。

f:id:remaker314:20180514015104j:image

そんなかおりさんの夢は

『笑顔いっぱいの人生にする!☺︎☺︎☺︎』

類は友を呼ぶ。きっとかおりさんの周りには笑顔の素敵な人達が集まっているんでしょう!またゆっくり話を聞きたいなぁ。

 

後ろ髪を引かれるようにトリニダーを出発。今日も暑くてビールが美味しい日になりそうです。

 
f:id:remaker314:20180510225716j:image

しばらくサトウキビ畑の中を駆けていくと、遠くに空より青い大地が。海だー!!

 

リゾートが多いキューバ北部がカリブ海だと思ってたんですが、実は南部の海が本物のカリブ海らしい。ふと横を見るとこの透明度!やば!!

 
f:id:remaker314:20180510225742j:image


f:id:remaker314:20180510225808j:image


f:id:remaker314:20180510225855j:image

今日は風が少し強いので、湾のようになっている場所まで移動。ホテルの敷地内だったので入れるか分からなかったんですが、泳ぐだけなら2cuc(220円)で良いとのこと。ダイビングスポットにもなっているポイントなので払って入ってみる事にしました。

 
f:id:remaker314:20180510230031j:image

f:id:remaker314:20180510225836j:image

湾は小さいけどシュノーケルには丁度良いサイズ。勿論波はなく、団体が到着する前らしく誰もいない海を独り占め!

 
f:id:remaker314:20180510225921j:image


f:id:remaker314:20180510225942j:image

シュノーケルはしおまらの家に日本人旅行者が置いて行ったものを借りて来ました。いざ潜ってみると…

 

海藻が沢山生えてて……

f:id:remaker314:20180514015245p:image

水が緑色でした。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

水深は2、3メートルくらいが続いていて良い感じなんですが、草が多すぎワロタ。上から見たときは綺麗だったんですが、入らないと分からないもんですね。

 
f:id:remaker314:20180510230011j:image

でも岩陰の方に行くとカラフルな魚もいてそこそこ満足!なんだかんだで1時間くらいチャプチャプしてました。 

f:id:remaker314:20180514015441j:image

f:id:remaker314:20180514015403p:image

隣接のレストランは高かったのでそのままシエンフエゴスまで直行。泳ぐと一気に眠気と疲労感がくるのですが、なんとか走りきる。

 
f:id:remaker314:20180510230129j:image

陽気な子供たち。
f:id:remaker314:20180510230113j:image

....日焼けやばくね?

 

今日も今日とてカサ探し。

シエンフエゴスは思っていたより大きな街で、カサだけしかない通りなんかもあって思ったより観光客が来るようで驚き。

 
f:id:remaker314:20180510230218j:image


f:id:remaker314:20180510230315j:image


f:id:remaker314:20180510230341j:image

夜ご飯は宿でいただく事にしたんですが、ちょっと街を歩いているとソフトクリーム屋さんを発見!3cup(12円)でアイスをたっぷりと乗せてくれて、大満足。

 
f:id:remaker314:20180510230240j:image

アイス屋の彼とは少しだけ話したんですが、こういう食品系の店はやはり利益は微々たるものらしい。毎日仕込みをして、一日中売って、それでようやく月3000円くらいの収入が得られる。

海外の人がよく買いに来てくれるけど、いつか自分も外に出たいんだ、としみじみと語っていると同時に、君はインターネットで日本のことを書いたりするのか?と聞かれました。

 

キューバ人にとって、インターネットで海外を知る事は娯楽の一つであり、外に出られない分それで旅行している気分になるとの事。

思えばキューバ以外にも海外に気軽に行けない国は多いですよね。

 

日本に帰ったら、そうした情報を発信していくことも視野に入れておきたい。僕がいる長野なんかは大自然の宝庫だし、世界と渡り合える可能性を十分に秘めていると思います。そうした事を発信していけば、僕自身ももっと日本の良さについて知る事が出来るし、それで海外旅行者が増えたら地域活性化にもなるし、彼のように世界のどこかで楽しんでくれる人がいるならそれだけで嬉しい!

勿論その為にはもっと英語、スペイン語を磨く必要はあるけれど、やりがいはありそうだなーと。

 

f:id:remaker314:20180510230525j:image

そんな事を考えながら、今日も就寝。昼の暑さとは打って変わって、心地よい風が部屋にも吹いてきています。

 

走行距離85キロ

合計距離13160キロ

 

 

day.245 あなたは海派?川派?

Sancti spiritus - Trinidad 

 

日焼けがすごく、キューバ人にも『顔は日本だが肌はキューバだな』とコナンみたいなことを言われるようになりました。日焼け止め塗ってるのに……おはようございますやしまるです。

 

昨日泊まったカサに、実は二年間泊まっている日本人の方がいてびっくり!

何も知らずにカサを探して、照らし合わせたように引き合うのは本当に旅の面白いところですね。

f:id:remaker314:20180509014514j:image

いらっしゃったのはこの街でボランティアで日本語を教えている松尾先生。定年退職後、自分で応募して今の仕事に就いたそうな!

実はキューバには日本語を習いたいという若者が5000人ほどいるらしい。そのうちの何人かが日本政府に対して日本語を教えてくれる講師を探している、と行動を起こしてそれで募集がかかったという。松尾さんも凄いけど、キューバ人の行動力も凄いなぁ。

 

キューバは日本の物価でいうと、かなり安く住む事が出来るし時間にも縛られない非常にゆっくり過ごすことができるけど、やはり語学や生活の面で日本とのギャップが多いらしくボランティアで教えるのも大変な時が多いという松尾さん。でも、それでも二年間続けているのはひとえに人柄の良さが現れていると思います。

 

松尾さんに夢を聞いてみると

『お金でない 人に喜ばれる 人世を目指して』

f:id:remaker314:20180509014539j:image

まさに今の生き方ですね!!

教えるだけでなく、たまに旅行に出たり趣味のピアノを弾いたりと人生を楽しんでるように見えました。

こういう老後の過ごし方もあるんですね、参考になりましたー!!

 

色々と話をしてたら気付けば10時に。照りつけはじめた日差しを背中に感じながら出発です。

 
f:id:remaker314:20180508151227j:image

これまでは内陸をずっと走ってきたけどここからは海沿いに行きます。夏だもの!海見たい!入りたい!泳ぎたい!!

細かいアップダウンを繰り返しながら海の街トリニダーへ。

 
f:id:remaker314:20180508151251j:image


f:id:remaker314:20180508151318j:image


f:id:remaker314:20180508151343j:image

ここには有名日本人カサ『レオとヤミの家』があります。オーナーのレオとヤミーはめちゃくちゃ面白くて明るい人達!

 
f:id:remaker314:20180508151458j:image

宿に荷物を置き、さぁどうするかと考える。

トリニダーには見所が多数あり、正直にいうと3日くらいいても楽しめる場所ですがいかんせん僕は時間がない。

 

今日午後から楽しめるスポットとなると二つしかない。

 

キューバ最古のホテルが立つアンコンビーチ滝が幻想的なエルクバーノか。

 

皆さん、夏に行くとしたら海ですか?川ですか?

僕は断然海派だったんですが、長野県に来てから阿寺渓谷等の綺麗な渓谷が好きになりつつあるんですよね…

 
f:id:remaker314:20180508151520j:image

断腸の思いで選ばれたのは滝でした。

海は明日も明後日も行けるし暑い中入る滝はそれはそれは気持ち良いでしょう!!

 

トリニダーからは片道5キロほどでいけます。

途中までは自転車で行けますが、ラストの1.5キロは徒歩に。川沿いに細ーーい道を歩いていきます。

 
f:id:remaker314:20180508151545j:image


f:id:remaker314:20180508151617j:image


f:id:remaker314:20180508151659j:image


f:id:remaker314:20180508151734j:image


f:id:remaker314:20180508151803j:image

そして見えてきたのは……秘境感溢れる滝!!

 
f:id:remaker314:20180508151827j:image

と滝壺!!

深いところだと9mあるらしい。水は透き通っていて、魚が肉眼で見えます。

 
f:id:remaker314:20180508151853j:image

地元の人なんかはでっかいエビを獲ってました。こんなのいるんだ!僕も潜って探してみたけど結局見つけられずじまい。

 
f:id:remaker314:20180508151923j:image

でも、この滝の魅力はもっと違うところにありました。実は展望台からは滝がちょっとしか見えず、泳いで近くまでいかないとその全貌が見えないのですが、水の浸食作用で削られた特殊な地形によって、場所によって光のカーテンが見えるのです!

f:id:remaker314:20180509014631p:image

メキシコのセノーテまでは行かないけど、水面と岩壁の反射でヒラヒラと水の中で踊る光の幕はオーロラのよう。綺麗!

f:id:remaker314:20180509014653p:image 
f:id:remaker314:20180508151949j:image

ちなみにこの滝までは、トレッキング料として10cuc(1100円)かかります。これを高いと思うか妥当だと思うかは貴方次第。僕みたいなザブザブ潜っていくような輩は楽しめると思います。

 

カサに戻ると、日本人旅行者が数人集まっており、皆でモヒートを飲みに行くことに!

 
f:id:remaker314:20180508152008j:image


f:id:remaker314:20180508152101j:image

一杯1cuc(110円)と良心的な値段もさることながら、絵がたくさん飾ってあり、イカした髪型のお兄さんが手作りで作ってくれるのがめちゃくちゃ良かった。

 
f:id:remaker314:20180508152033j:image

このお兄さん、僕が見てきたキューバ人の中で一番テキパキと仕事をしていました。材料足りなくなると、走って裏に行くんですよ!このキューバで!!

味もおいしくて、僕は空きっ腹に三杯も入れてしまいました。キューバのラムは本当に美味しい。ラム酒の魅力にはまりつつあります。

 

夜ご飯はレオとヤミの家で。

ドミトリー10cucと破格な値段だったので夕飯も少し奮発してロブスターを頼むと、プリップリのでっかいロブスターが一人一尾出てきました。サイドの料理も量が多く、僕は初めて万全の状態で食べきれなかった。悔しい。料理は勿論絶品でしたさ。

 
f:id:remaker314:20180508152153j:image


f:id:remaker314:20180508152233j:image

夜はディスコに行こうかと話があったんですが、食べ過ぎて動けなくなるという(´∀`; )

毎回行くたびに思うけど、日本人宿ってやっぱなるべくしてなるんだと思う。オーナーの人柄が、その街の雰囲気が日本人に合ってるんですよね。

 

走行距離80キロ

合計距離13075キロ

day.244 キューバ自転車事情

Florida - Sancti Spiritus 

 

今日も朝からwifi小僧をしています。おはようございますやしまるです。wifiの速度は良いんですが、蚊が凄い。

 

湿気と熱気があるので、基本的にキューバではどこにでも蚊がいます。下手なカサに入ると部屋中蚊とか虫だらけだったり。要注意!

 

今日も走るどー!と元気よく走り出す。昨日もらった帽子もヘルメットの下にかぶると多少なり涼しく感じます。というか日差し強すぎる。

 
f:id:remaker314:20180508145641j:image

現地の人も昼間の暑い時間を避けるために朝早く起きて、昼間は全く家から出ない。そして夕方辺りから活動を開始してる感じ。ちなみに、今は日中32〜34度くらいだけど、八月になると40度を超えるらしいです。

…今の時期で良かった……

 
f:id:remaker314:20180508150202j:image

キューバも走って500キロを超えたので、色々と分かってきました。

まず、野宿は難しいという事。

狭い国土なので道沿いには全く使われてない空き地はほとんどなく、何らかの畑や牧場になってることが多いです。それに、雨が毎日降るので屋根があるところがベスト。と考えると候補に上がるのはバス停なんですが、利用者が多いので日が暮れるまで待たないといけないのと、そもそも湿気が高いのでテント泊したくない。

テント持ってきたけど、出番はなさそうです。やるとしたら砂浜かなぁ。

*追記 三週間自転車でキューバを周った人とお会いしたのですが、ほぼテントでいけたとのこと。やっぱ強い人はどこでもキャンプできるっぽいです。

 
f:id:remaker314:20180508145828j:image

あと、補給地点は非常に多い。

町の近くになればなるほど多くなるけど、基本的に10km走ればフルーツ屋なりカフェなりあるので、食料どころか補給食も持たずに走れます。水も、カフェなら汲ませてもらえます。1日の水消費量は4.5Lくらい。

 

 

そして最後に、運転は荒い。めちゃくちゃ荒い。

追い抜き、すれ違いはいつもスレッスレの所をくるし、対向車線に僕が走っていても余裕で車線からはみ出してきます。これまで三回サイドミラーが手をかすっていきました。

でも本人達は気づいていないんですよね。何度横のダート道に追い込まれそうになりながら『ハーイ チーノ!』と手を振ってくる彼等に手を振り返したことか。

もうこの環境には慣れるしかないんだな、となかば諦めモードです。まぁ嫌いじゃないんですけどね。

 

 

あと、毎日強い東からの風が吹くって聞いてたけど、それもどうだろうなと。勿論追い風になる時もあるんですが、横風も多いし今日なんて最後30キロはずっと向かい風でしたし。やっぱ風を当てにするのはよくないなぁと。

 

 

そんなこんなで今日も日没ぎりぎりまで走行。

町に入ってカサを探してたところ、良い感じのがあったので入ったらパティオ(中庭)付きの綺麗なおうちでした!宿の人も好感触。基本的にカサは大体朝、夜ご飯込みで25〜30cuc(2600〜3300円)なので、出来るだけ大きくて綺麗そうなカサに入ると中も充実してたりします。

 
f:id:remaker314:20180508145924j:image

f:id:remaker314:20180508145902j:image


f:id:remaker314:20180508150010j:image

そういうカサはご飯も素晴らしい!

僕は昼間は屋台で過ごす事が多いので夜ご飯はカサで頂くことが多いです。この日は魚のフライとカレーっぽいスープがメイン。

そして今日もビールがうまい。

 
f:id:remaker314:20180508150044j:image

ちなみにここまではキューバの内陸部をずっと走ってきました。時間があまりない今回のルートは、前半を人と街を見るパート、後半は大自然を満喫するパートに実は分かれています。

ここまでは毎日120キロ以上走行のゴリラランだったけど明日からは少し緩めて、その分海や山を楽しもうと思う。楽しみだーー!!

 

 

走行距離150キロ

合計距離12955キロ

day.243 楽しく愉快なキューバ人!


f:id:remaker314:20180503224722j:image

Guaimaro - Florida 

 

カサでは夜ご飯や朝ごはんを頼めるところも多く、より現地の生活を知る事ができます。夜だとご飯、フライドポテト、サラダ、+メインの肉料理になる事が多く、逆に朝はコーヒー、搾りたてジュース、パン、ハム、ジャム、オムレツとかなり品数が多い。朝からしっかり食べる派の人間にとっては嬉しい限りです!!

 

今日も朝早く起きて早く出発する作戦でいきます。やっぱ午前中のうちに動いておくとしんどくなる午後を気楽に過ごせるので良いですね。

 
f:id:remaker314:20180503224207j:image

雲も少ないし。今日も夏だーー!!

 

今日は風も少なく、アップダウンも少なくぐんぐん進みました。気づけば無補給無休憩で100km進んでいたくらい。朝ごはんがっつり食べてたのもあるけどノンストップで100km進めるようになったのはパタゴニアでみっちりしごかれたからですかね。成長を感じる。

 

でも体にとって良い状況ではないので、近くにあったレストランへ。頼んだのはフリカセという煮込み料理。

 
f:id:remaker314:20180503224302j:image

めっちゃうまい!!ちなみにこの赤飯みたいなのは豆とホルモンを米と一緒に炊いたもので、これも美味い!

付け合わせのバナナ炒めも芋みたいで美味い!

全部美味い!(語彙力)

キューバ料理はまずいって聞いてたけど、かなり古い情報じゃないかなぁ。今のところ食べたやつ全部美味しいです。僕の舌が貧しいのもあるかもしれないけど。

 

そしてレストランにいた人達が面白かった。まず注文の時、僕の発音が悪かったらしくなかなか聞き取ってもらえなかったのですが、『じゃあ俺が聞いてやろう』と客のおっちゃんが注文を取り始め、おっちゃんがダメだと隣のおばちゃんが『今度は私よ!カモン!』と代わる代わる客が対応してくれました。3人目でようやく頼め、僕もウェイターも大喜び!!

 
f:id:remaker314:20180503224329j:image

それに日本人だと分かると、ニンジャ!やらかめはめ波!やら大騒ぎ!!今、キューバではドラマ『おしん』が流行っているらしく、皆ずっと『オチン!オチン!』と言ってました。惜しい!一文字!!

 

カメラを見つけると私を撮りなさい、いや俺を撮れ、と我先にとポーズを取り始める。

 
f:id:remaker314:20180503224352j:image

 
f:id:remaker314:20180503224722j:image

なんだここ。面白すぎるでしょ!!

終いには、暑いからこれつけとけ、と帽子まで頂いてしまった!

 
f:id:remaker314:20180503224842j:image

一昨日時計をねだられたのが嘘みたいです。

やっぱ色んな人がいるなぁ、としみじみと実感。ワイワイしながらご飯を食べるのも楽しいですね。

 

 

怪しい雲が近づいてきたので今日は少し短めでカサに退散。セントロ(中心街)近くの大通りに面したところにちゃうどカサがあったので、そこに投宿。ちなみにカサは大体一部屋あたり二人もしくは3人まで入れるので、何人かでシェアするとかなり安く泊まれます。今度来るときはぜひそうしたいな。

 

早めに着いたので、時間が余る。勿論宿でストレッチでもしながらゴロゴロしても良いのですが、やってみたい事が実はあった。

 

そう!wifiじゃーー!!

キューバではフリーwifiなるものがなく、インターネット会社に行ってパスワードが書かれたカードを買わなくてはならないのですがこれまでなかなか見つからず、スマホをいじる余裕もなかったので放置してました。

ネット断捨離するのも良いんですが、いかんせん帰国まであと1週間、帰ってからやる事が多いので今使えないのは結構しんどい。

 
f:id:remaker314:20180503224931j:image

wifiカードについては、Etecsaという携帯ショップに行けば売ってくれます。フロリダでは1時間1cuc(100円)だったので5時間分買いました。この時間は途中で切って、また違う時に使うこともできるみたいです。

 
f:id:remaker314:20180503224950j:image

裏にはログインIDとこすると出てくるパスワードがあります。これで僕もネット難民から脱出できる!!

 

速度は思ったよりも早く、YouTubeも見れそうなくらい。

キューバのインフラも昔とは大分変わってきているのですね!

 

走行距離120キロ

合計距離12925キロ

day.242 誕生日は地球の裏で!

Bayamo - Guaimaro 

 

昨日の反省を生かし、朝早起きして出発し昼の暑い時間をやり過ごす作戦で行くことにしました。おはようございますやしまるです。

早起きは三文の得。道路も混んでないし暑くないし、何より暑くない。

もうあの暑さはこりごりです。5ヶ月近く寒いところを走ってきたので体が完全に冬仕様になっていて、すぐバテるのを感じる。

 

バヤモのまちにはサクラのようなものが咲いており、少し遅いお花見気分。


f:id:remaker314:20180424211508j:image


f:id:remaker314:20180424211531j:image

バヤモの街を抜けると、今度は何もないサトウキビ畑が一面に広がり、たまにヤシの木が並んで夏を感じます。春と夏、両方味わえて得した気分!

 
f:id:remaker314:20180424211302j:image

キューバは平坦という意味がようやく分かるくらい、今日の道はずっと平坦路。獲得標高200mもない気がする。地平線まで緑一色で他に何もない様はまるで夏の北海道のようです。

 
f:id:remaker314:20180424211554j:image


f:id:remaker314:20180424211641j:image

そして、段々気候についても分かってきました。午前中は毎日快晴なんですが、昼になると大気が暖まり、上昇気流が生まれ雲ができ始める。午後3時を過ぎると発達した雨雲が雷を伴う激しい雨を降らせるでしょう🙋‍♀️

という感じです。

 
f:id:remaker314:20180424211619j:image

今日も昼までは良かったのですが、横から入道雲が来て、逃げ切れるか頑張って走ったところ……

f:id:remaker314:20180424205146j:image

ダメでした。

でもキューバには2km間隔くらいで屋根付きのバス停があるので、雨宿りは簡単です。

 

四時過ぎ、グアイマロの街へ突入。

カサを探して、見つけて入るとなかなか綺麗で広いおうちでした。

 

そして受付をする時パスポートを出すのですが、ここでオーナーのおばちゃんが固まる。

んん?と思ってみていると、おばちゃんがパスポートのある部分を指して一言。『あなた、今日誕生日なの?』

 

そう!そうでした!ほんとうにすっかり忘れていたけど、今日4/22は僕の24歳の誕生日だったのです。なぜか僕と一緒に喜ぶおばちゃん。

 

そうと決まればケーキを買いに行かねば!!

今日は大義名分もあるから奮発しちゃうぞーと街を歩いたところ、ケーキ屋なんてなかった。

聞いてみたけど皆知らないようで、もしやこの町の人はケーキを知らずに生きているんだろうか。

しゃーないのでビールを買う。ここの州のビールがあるらしいのでそれを24歳にちなんで四本買う。

 
f:id:remaker314:20180424211712j:image

ご飯はおばちゃんが作ってくれ、ビールを並べて、さぁ今日はバースディパーティーだ!!なんでビールが3本しかないって?我慢できずに道中で飲んでしまったからです。

 

こうして地球の裏側で粛々と誕生日を迎えました。23歳は企業協賛、クラウドファンディング、休学、そして文字通り突っ走り続けた一年だったけど、今年の抱負は………うーん……去年を超える…ですかね!!

とりあえず、24歳の僕もどうぞよろしくお願いします( ´ ▽ ` )!!

 

走行距離130キロ

合計距離12805キロ

 

day.240 一『一番カッコ良い〇〇を頼む』


f:id:remaker314:20180424211151j:image

Santiago de Cuba 

 

バスの待合室は寝るのに便利だったのですが、朝の5時から人がわんさか来てしまい、快眠も破られる。まぁしゃーない。しゃーないけど、眠い…ので、本日の走行はなしにしてホテル行って寝ることにしました!イェェェエエイ!!

 

日が出て来るまで待って、明るくなったらいざホテル探しに街へと繰り出す。

行き先は『さとみの宿』。日本人のさとみさんがオーナーのカサで、頼めば夜ご飯にロブスターの味噌汁とか食べれるらしい!!ロブスター、食べたーーい!!!(((o(*゚▽゚*)o)))と思って行ってみると、『サトミは今日本だ』と言われてしまう。なん……だと……!!

 

幸い近くのカサを紹介してもらい、そこに行くことに。オーナーのレオが英語を話せるのと、めちゃくちゃ面白いです!僕がスポーツクラブのバイトをしていたという事もあり、レオのダイエット相談に30分くらいずっと乗ってました。

f:id:remaker314:20180424205054j:image

部屋もこんな感じ。

朝ごはん付きで、20cuc(2000円)。悪くない!!

f:id:remaker314:20180424205109j:image

午前中はシャワーを浴びてから、街へ。

キューバ第二の都市と言われるここサンティアゴは街の面積もさることながら、歴史も古い。首都ハバナより古いんじゃなかったでしたっけ。確か。

 

そんな趣深い古都で僕は悩んでいた。

あ、暑い……

 
f:id:remaker314:20180424210911j:image

気温は33度。湿度60%。日本の夏レベルの暑さに我困惑。

寒いのは着込めば何とかなるけど、暑いのはどうしようもない。といってもこんな人が多いところで上裸になる勇気もないし…うーん

 

と悩んだところで名案が浮かぶ。

あるじゃん!無くせるところ!!

 
f:id:remaker314:20180424210934j:image

この髪じゃ!!!

そう、実は僕日本出てから髪を一切切っておらず、放置していたらこんなになってしまった(理由はあるのだけれど)

もう暑くてしゃーない。というか見た目がもうダメ。女子が選ぶ!男性の気になるランキング1位の『清潔感』がまるでない。

僕は切るべくして切らなければいけないのです。

 

でも、切るなら面白く切りたい。ふつうに良い感じの美容室はあるので多分良い感じのスタイリストが良い感じに切ってくれるとは思うんですが、それじゃ全く面白みがないのでどうせなら日本にないようなところを探してみることにしました。

 
f:id:remaker314:20180424211002j:image

そして見つけたのはこちら。写真見にくくてすいません…

地元のおっちゃん達が適当にそろそろ伸びて来たから切るか、くらいのノリで入るであろう、ザ・ローカル感溢れる佇まい。これだけなら日本にもあるんですが、お値段なんと10cup(40円)

1000円カットならぬ40円カットというただならぬ価格に期待も高まります。

 

店に入ってみると、ツーブロックでトップを横に流したちょっと良い感じのおっちゃんが対応してくれました。勿論、座ると聞かれる『今日はどんな髪型にします?』定番の質問ですね。

そして僕はグーグル先生で必死に調べて、そしてこう言ったのです。

 

『一番カッコ良い髪型を頼む』

かー決まった!海外で言ってみたかったんですよね、このセリフ!!おっちゃんもぐっd( ̄  ̄)としてくるし、これは期待大ですよ!

 

切る手順に至ってはいつも通り。

霧吹きかけて、ちょっと切って、バリカンで刈って、また整えて、最後仕上げ。少し違ったのは、霧吹きを顔面にも満遍なくかけるということと、切り方がハサミを横にしてバツン!バツン!と切ること。僕は何も見ていないし感じないようにしていました。

 

そして10分後、できたのはこちら。

 
f:id:remaker314:20180424211029j:image

ツーブロックでトップを横に流した…っておっちゃんと同じ髪型じゃねーか!!!

つい突っ込みたくなるほど類似した僕とおっちゃん。まぁね、一番カッコ良い髪型は自分だわな、理容師だし当然っちゃ当然です。

 

まぁ思ったより面白くはなかったけど、めちゃくちゃ安い価格で切ってもらってそこそこ満足です。心なしか、街を歩いていてもそこまで暑くない。

 
f:id:remaker314:20180424211104j:image

夕方になるとまた違った顔を見せるのがここキューバの面白いところ。暑さで家から出てこなかった大人達がぞろぞろと出てきて、音楽に合わせて踊り出す。

 
f:id:remaker314:20180424211124j:image

どこからか聞こえてくるトントコトントコリズムの良い音を聞きながら、ゆっくりと眠るのでした。


f:id:remaker314:20180424211151j:image

day.241 ローカル事情は難しい。


f:id:remaker314:20180424111031j:image

Santiago de Cuba - Bayamo

 

昨日一日休んでいたので、そろそろ走り出さねば。なんといってもあと9日しかないんですよね。あんまり最後の方はバタバタしたくないので最初の方を飛ばしていきたい。

 

と思ってたんですが、オーナーのレオと彼の自転車整備したり話していたら気づけば11時。おぉふ…でも興味深い話が聞けました。

 

社会主義によって給料がある程度平等化された事により、生活が安定したことと引き換えに思い切ったことができなくなったと。そのためお金がキューバ人の中で回らず、飯は食える、家はある、だけどお金はない、という状況になっているらしい。そうなると自営業で稼ぐしかないけど、飲食系は利益が微々たるものだし、カサのような民宿業はオフシーズンは全く人が来なくなる。なので、同時に別の仕事をしているけど、そうなると自由時間が消えて何のために働いているのかわからなくなるのだそうだ。

 

なんだか耳の痛い話でした。日本では金はあるけど時間はない社会人が多いイメージ。逆にキューバは時間はあるけど金はない。お金を稼ごうとすると、時間がなくなる。難しいな、この問題は…

 

かといって僕にはキューバ人が不幸に見えるかというとそうでもない。美味しいお酒とサルサで近所迷惑や周りを考えずに子供も混じって踊り明かせるのはここぐらいなんじゃないか。日本じゃキューバにある『自由』はない。

案外幸せというのはないものねだりで幸せな時はそれに気づくことができないんじゃないかと思います。

 

レオに夢を聞いてみると、

 

f:id:remaker314:20180424083445j:image

Mi Sueno es ...

Construir mi casa , para recibir aquellas personas que quieran visitar Santiago de Cuba y conocer nuestras costumbres y cultura.

los espero , a los que quiets venir a Santiago.

 

『家を更に増築して、もっともっと色んな旅人をここサンティアゴに招待したい。そして彼らにキューバの生活や文化を知ってもらえたら嬉しいね!』

 

実は、部屋をもう2つ増設しようとしていて、一部屋500cuc(50000円)で建てられるそう。でも普段の収入じゃとてもとても溜まる金額ではないので、カサとして今ある部屋を改装し、お金を貯めて自分用の部屋を作るのが密かな夢らしい。というかレオ自分の部屋ないのか、、、ちょっと同情してしまった。今年で45歳なのに…

 

キューバの人達は自分達で海外に出ることが難しいから、外から来た人達の話を聞いて世界を知るのだそう。だから、レオはキューバを知ってもらうことは勿論、コミュニケーションで相手の国、世界を知るために英語を学んでいる。

実際彼は訛りもない綺麗な英語を話していました。

f:id:remaker314:20180424205016j:image

色々話したけど、最後に『まぁお金が入れば美味いラムが飲めるからそれだけでも嬉しいんだけどね!』って言ってたのがお茶目だった。ほんとうに興味深い話だった。良かったらサンティアゴデクーバに行く時は泊まってあげると彼の部屋が早くできます。『さとみの宿』に紹介されたので、もしそっちがダメだった時は是非!!

 
f:id:remaker314:20180424110623j:image

とまぁ長々と話してたんですが、走る距離は変わらないのです。11時となるともう灼熱タイムに入っているのでもう帽子とサングラスなしでは生きていけない世界になります。冗談抜きで暑い!!

 
f:id:remaker314:20180424110659j:image

サンティアゴから50キロほどは、軽いアップダウンを重ねて行きます。平坦って聞いてたけど、そんな事はなく汗をダラダラかきながら登っていく。暑い。

 
f:id:remaker314:20180424110717j:image

今日の昼ご飯はサンドイッチにしようと屋台に行くと、もうアジア人で自転車に乗ってるとのことで質問が来るわ来るわ。僕の持ってるカメラをみると、『写真撮ってくれよ!』なんて言ってきたり!

 
f:id:remaker314:20180424110739j:image


f:id:remaker314:20180424110755j:image

サンドイッチの具は豚の丸焼きでした。

そして一通り食べ終えて自転車に戻ろうとすると、店にいた青年が僕の時計を指して、『これ、くれないか?』と聞いてくるではありませんか。

『いやいや、これは使うからダメだ』と断ると、『じゃあそっちのライトはどうだ?』と粘る青年。

 

チャリダーなんて必要な物以外持たないし、特に今は色々荷物を断捨離してきているので青年にあげられるような物なんて持ってない僕。青年には悪いが、ここはきっぱり断ろうと思い『何もあげられるものはないよ、ごめんね』というと、『周りを見てくれ。ここの人達は皆時計は持ってないし、Tシャツも一枚しかないんだ。君みたいな旅人からもらうしか方法がない。頼む。』と返ってきた!

 

…たしかに周りのお年寄りや子供達はズボンしかはいてないし装飾品なんてもってのほかだ。どうやらキューバに物が不足しているというのは田舎では特に顕著になっているらしい。

 

でもだからといっておいそれと渡すわけにはいかない。そうやってはいわかりましたと渡せば旅人=物をくれる人と定着して彼らはこれからもねだるようになるだろうしそもそも僕はプレゼントを配りにきたサンタクロースではないのだ。

 
f:id:remaker314:20180424110844j:image

うーーーーーむ、と悩みに悩んで、右手に付けていたもう壊れかけの御守りを見せて、『もし君が大切にするならあげるよ』といったら、『本当か!!ありがとう、大切にする。ありがとう!』と心底嬉しそうにしていたので、結局プレゼントしてしまいました。結局こういう時に甘くなってしまう。

 

なんだかなーーと思いながらも走り続ける。物がないというのはこういう影響もあるんですね。社会主義は平等だけど、果たして平等が必ずしも良い結果を生むとは限らないのかなぁ、ともやもやしていると今度は空ももやもやしてくる。

 

途端にスコールが降り始め、木下に避難したものの徐々に濡れていく。雷も伴うような豪雨でした。

 

どうするかな、と思い立ち尽くしていたら、近くの家から手招きしているおじいさんが見える。ぶっちゃけ、さっきの一件もあったので一瞬考えたのですが、このまま濡れるのも嫌だったので行ってみました。

 

お爺さんのうちはかなりみすぼらしく、掘っ立て小屋に近いレベル。(事実屋根はトタンで出来ていた)この人ももしかしたらさっきの青年みたくねだるんだろうか、と内心ビクビクしながら話をしてみる。

『君はチーノか?』

『日本です』

『そうか日本か…じゃあこれを知っているか?』

 

そう言ってお爺さんが出してきたのは………ブルースリーの映画DVDでした!

 

日本人ではないけど…というか中国人でもないけど…!!言いたいことは分かる!

そして極め付けに

『日本人は皆カラテ強いのか?ブルースリーなのか?』

と言ってきて、僕は我慢できなくなって思い切り吹き出しました。

なにこれ面白すぎる…!!

 

その後も会話は続き、雨が止む30分後まで話し続けていました。その間、彼らは一言も物がないから、何か要らないものはないか?とは聞かなかった。さっきの青年達より家も格好もみすぼらしいのに……

 

自転車に乗る前に、写真撮っても良い?と聞くとちょっと待て、と言って帽子とワイシャツを着てくるお爺さん。

 
f:id:remaker314:20180424110957j:image

お茶目すぎる!!(о´∀`о)

そしたら今度俺も写せ、と言わんばかりにおっちゃんも入ってきて、じゃあ私も、とお婆さんも来て、しまいには小さな子供来る始末。

 
f:id:remaker314:20180424111031j:image

なんだかほっこりさせてもらいました。彼らは僕が見えなくなるまでずっと手を振っていた。

 

つくづく思うのが、『〇〇人は優しい、〇〇人はぶっきらぼう』というカテゴリは当てにならないなーと。色んな人がいて、色んな考えがありそれを一括りにしてしまうにはキューバの枠は大きすぎる。

 

なんだかまとまらないけど、社会は平等を目指しているのにこんなに人によって考えが違うのは面白いなぁと思いました。

 

ちなみにこんな日でしたが、割と頑張って日が沈むまで走り、そこそこの大きな街に突入。

 
f:id:remaker314:20180424111120j:image

(写真は翌朝撮影)

 

入ったカサは見た目通り中も広く部屋も綺麗。


f:id:remaker314:20180424111318j:image


f:id:remaker314:20180424111340j:image


f:id:remaker314:20180424111422j:image

ご飯を買う時間も体力も尽きたので夜ご飯作って貰ったらこんなに出てきて大満足の夜でした!


f:id:remaker314:20180424111156j:image

 

走行距離130キロ

合計距離12645キロ