Ride on Dream 自転車南北アメリカ大陸縦断

9割の好奇心と一割の不安で挑む,大学院生の自転車冒険記

アルゼンチン

day.235 陸の次はお空の旅へ

Ushuaia - Buenos Aires 僕は飛行機が苦手です。特に、自転車を伴った飛行機輪行に関しては格段に。 なぜなら、自転車を解体しないといけない上に、要所要所を布やクッションで衝撃からガードし、重量やサイズ規定に合わせないといけないし。 そして更に言え…

day.233, 234 神さま仏さまイルダさま

世界最南端の地に無事ゴールを果たし、僕の旅はもう終わり…と思ったそこのあなた! 違うんです!!! 僕の旅はまだもう少しだけ続きます。 これを書いているのは4/14。帰国は5/2です。 勿論、首都ブエノスアイレスまで移動して、そこでゆっくり過ごす…と出発…

day.232 世界の果て、ウシュアイア

- Ushuaia (Fin del mundo) 昨晩の焚き火はすっかり消えているものの、その燻った香りはテントの中に漂い続けている。良い朝だ!おはようございますやしまるです。 ウシュアイアまであと少し、有終の美を飾れそう!よっしゃ行くぞぉぉぉぉぉおおお!!!うぉ…

day.231 燃ゆる山の赤よ、火の赤よ

- Ushuaia 手前10km 同じ部屋に泊まった同い年のバックパッカーカップルに、『君は28歳の中国人かい?』と言われました。…ですよねー…おはようございます28歳の中国人です。 昨日の夕方から降っていた雨は今朝には止み、ここ数日で一番の快晴に。ウシュアイ…

day.229,230 エンパナーダを食べに行こう!

Rio Grande - Tolhuin リオグランデのキャンプ場では結局2泊しました。膝にかなり負担がかかっているようだったし、天気も良くなかったし、そしてそろそろYouTube も見たかったし…! 幸いキャンプ場の近くにスーパーマーケットがあり野菜や果物を買うことが…

day.228 自転車の原点

- Rio grande 雨風に晒されることのなく小屋の中で目覚める。隙間風は無いものの、周りに何もない平地にポツンとある形状のせいか、夜中は特に冷えました。水たまりが凍っているところを見ると−5℃くらいまで下がったんじゃなかろうか。寒いっす。 壁に書かれ…

day.225 チリの素敵なおもてなし

Rio Gallegos - Gendarmeria 【本日のキャンプ場へのクレームのコーナー】 全く酷い目にあった。 キャンプ場にサッカー場や遊具が併設されてるのは良いとして、テントサイトの横にダンスクラブを建てるのは流石に頭悪すぎないですか! お陰で朝5時までドゥン…

day.224 360°何もない世界

- Rio Gallegos ふと光につられて起きると、昨日は雲に隠れていた夕日が朝陽となって登っていました。昨日は夕方からテントにこもっていたので気がつけば暗くなっていて、そして気づけば寝ていました。 朝日に照らされながら朝ごはんの準備をする。 そういえ…

day.223 風は気まぐれ世は情け

El cerrito - 南西130キロ地点 夜吹き荒れていた風の音と、一緒に寝ていた猫がよく動くことと、僕のテントの横で骨をボリボリと囓るワンちゃんのおかげで昨日は全然寝れませんでした。おはようございますやしまるです。ああ無情… とはいっても三面壁と屋根に…

day.222 目指す先は世界の果て

El Calafate - El cerrito 自転車も直り、僕の体調も結果的に3日休みだいぶ回復しました。あとは進むだけ!おはようございますやしまるです。 朝は予報通り雨がポツポツと降っていたのですが、昼前には上がり、青空が見え始めたのを機に宿から出発。もうこの…

day.221 カラファテから…出られない……

El Calafate 合計5泊してしまったカラファテでの滞在。 まぁこれまでほぼずっと動き続けてきたので日程的には問題ないのだけど、そろそろ動かなくてはならない!と朝から気合いを入れて荷物を片付ける。 一昨日まではゆうちゃんとさとちんも一緒だったけど、…

day.217 - 220 我肉食う、故に我あり

El Calafate 今朝震える手で、とあるスマホのボタンを押しました…そのページとは、スカイスキャナー! そう!!【帰国日が決まりました!】 5/2 15:35 羽田空港着 GWのど真ん中に帰国しますー!! 1週間ほどずっとカレンダーとチケットとにらめっこして、こ…

day.215 風の試練

El Chalten南西55キロ - 南西180キロ パタゴニア地方では風の方向が決まっており、北東、つまりはフィッツロイ方向から吹き下ろす形で基本的には風が吹く。 この風が厄介で、パタゴニアを走るチャリダーにとって大きな障害となっています。 昨日は南西に向か…

day.213 フィッツロイに会いに行こう!

El Chalten - princenot campground パタゴニアを象徴する山といえば、フィッツロイが挙げられます。その堅牢な岩肌と雄々しい姿は数々の登山家を魅了し、超有名アウトドアブランドメーカーPatagonia のロゴにも採用されるほど。 そんなフィッツロイですが、…

day.212 トレッキングの街、エルチャルテンへ

Laguna desierto - El Chalten 明日は雨だよ〜と入国審査のお兄さんに言われてバッチリタープも貼り木の下で雨対策をしっかりしていたら、雨はほとんど降りませんでした。まぁいいっすよ、許す!!おはようございますやしまるです。 朝から強い風が吹き、湖…

day.211 この川を、泥を、越えていけ!

O’Higgins - Lago desiert 実を言うと、アウストラル街道の終着地点はオイギンス村ではなく、国境を越えたアルゼンチンのエルチャルテンとなります。オイギンス村からはフェリー+トレッキングルートしかなく、車やバイクで抜けるのは不可能だからです。 自…