旅とカメラと自転車と 

大学院生のゆるゆる冒険記録

day.67 あの地平線

Seligman - Williams - Valle

フリントストーンズ・ベドロックシティ 13ドル

 

なんか、テントの中匂うと思ったら、実家の猫と同じ臭いでした。

完全に野生化してる。

おはようございますやしまるです。

 

荒野生活3日目。

流石に全く洗わないのは臭くなるようなので、今日はできるだけキャンプ場に泊まりたい。もはや水でもなんでもいいからかぶりたい。

 

ということで朝6時に起き用意してたんですがめちゃくちゃ寒い。。

Seligmanからは標高1500を超えるので、普通に朝晩氷点下いきます。太陽が出てくるまで、起きててもテントから出たくない……

結局出発は9時くらいになりました。

 

今日は風はない代わりに、道が悪かったです。

というのも、悪路を避けるためにルート66ではなく州間高速道路40号を使ったんですが、ガッタガタでした。

 

パンクはするし、数々の振動で僕のお尻は完全に死亡。痛いじゃなくて辛い。

よって5キロに一回は休憩しないといけない体になってしまいました。

 

顔を引きつらせながら、なんとかWilliams に到着。ここには、なんとあのSafewayさんがあるんです!!

水、電源、wifiの野宿生活で重要な三連単を揃えたスーパーの中のスーパーマーケット!!

お昼ご飯を食べ、久々に世界と繋がることができました。

 

そして、50キロ先にキャンプ場を発見。

13ドルで、シャワー付き。

いつもなら入らないし、お尻が痛いから休みたいけど、今日は何が何でもこの猫臭さを石鹸の匂いに変えたい。

 

進み続けると、、向こうからチャリダーが!

北のほうを回って来たらしく、地図と情報を貰いました。ありがたい。。

 f:id:remaker314:20171102081143j:image

連絡先を交換し、別れる。

イアン、またどこかで!

 

道は直線だけど登ったり下ったりのアップダウンが多く、道もやっぱり悪い。

荷物を縛る紐もベロベロに伸びて落ちる始末。

お尻は……なんか血が出てる……

 
f:id:remaker314:20171102082253j:image

日も暮れはじめ、焦りが出てくる中、地平線の先に見えるのは、、、

 
f:id:remaker314:20171102082120j:image


f:id:remaker314:20171102082152j:image

グランドキャニオーン!!!!

 
f:id:remaker314:20171102082221j:image

あの青い谷は位置的にも方角的にもあのグランドキャニオン!

あぁ長かった。。。。ここまで長かった。。

 
f:id:remaker314:20171102082350j:image

そして今日のキャンプ場へ。

念願のシャワー。あーヘブン!!

全身から茶色い水がでた。

ちなみにお尻はただ擦りむけてただけでした。

 

手を乾かすドライヤーで髪も乾かしてたら、じーっと小さい子に見られてました。まだ君にはこの世界は早い。

 

ラスベガスから続く500キロの荒野生活もようやく終わり。今思えば日本ではなかなか体験できない良い経験でした。今思えば!

 

次回は、アメリカ編最大の見所、グランドキャニオン編へ続く!!(多分)

 

走行距離115キロ

合計距離5200キロ