Ride on Dream  自転車南北アメリカ大陸縦断記

へたれ大学院生がゆるゆる行く自転車南北アメリカ大陸縦断記録

day.106 バハフェリーでGO !!

本日は船でラパスからメキシコ本島へと移動します。

いよいよメキシコ後半戦が始まろうとしている。。!!!
f:id:remaker314:20171209130025j:image


f:id:remaker314:20171209130225j:image

 夕陽が沈むのは僕が通ってきたバハカリフォルニア。

ラパスの町はバハのなかでもかなり発展している所で、寧ろ違和感を感じました。本島ではどんな町や人がいるだろうか。楽しみです‼😁

 

乗ったフェリーについて、特に難しくはないんですが手順を記載しておきます。

 

【予約の取り方】

予約しなくても混み具合によっては乗れるらしいですが、まぁ予約することをお勧めします。

予約は【インターネット上での予約】と【旅行代理店での予約】の二つの方法でできます。

僕は家から出るのがめんどくさかったのでインターネットで予約しました。

 

方法は簡単。

『バハフェリー ラパス マサトラン』と調べるとスペイン語の公式ウェブサイトがヒットするので、そこから日程、人数を入れていくだけです。

決済はクレジットカードのみ使えます。自転車やバイクがある人は追加オプションから選ぶことが出来ます。

 

料金は、フェリー代1240ペソ(7440円)プラス自転車代200ペソ(1200円)。

たけえ。

まぁフェリー内で寝ることになるのでホテル、移動費、夜ご飯代が入ってると考えれば妥当か…

 

ちなみに、僕が寝たのは普通のシートだったんですが、追加オプションで部屋にすることもできます。

 

(旅行代理店の場合、少し安く出来るらしいですが、店の場所がコロコロ変わってガイドブックとは違う場所にあったりするらしく、注意が必要です)

 

【乗船の仕方】

特に難しいことはありません。


f:id:remaker314:20171209125942j:image

ラパスから北に20キロ行った場所に船着場があるのでそこまで移動し、チケットカウンターの人に予約した画面と届いたメールを見せるだけ。この時身分確認としてパスポートの提示を求められます。

 f:id:remaker314:20171209133946j:image

その後列に並び、飛行機の手荷物検査のような場所を通り、乗船します。自転車の場合、荷物を全部外さないといけないのでちょっとめんどくさかったですが。

 

その後、係員の案内に従って船室へ移動し、自転車を壁際に固定します。

 f:id:remaker314:20171209134002j:image

船が動き出すと、夜ご飯のアナウンスが流れるので、皆が集まっている方に向かえばオッケーです。

 f:id:remaker314:20171209134038j:image

夜ご飯はこんな感じ。

 f:id:remaker314:20171209134025j:image

普通に美味しいです‼メキシコ料理はハズレがない。

 

僕の寝た一番安いシート席はまぁ寝れるっちゃ寝れるんですが、高速バスなみの狭さなので(人はあまりいなかったですが)お金に少し余裕があるなら客室を取ることをお勧めします。

 

そんな感じの船移動です。船に乗るのはシアトルぶり。あの時は道間違えてしょうがなく乗ったけど、なんにせよワクワクする。

 

走行距離20キロ

合計距離7915キロ