旅とカメラと自転車と 

大学院生のゆるゆる冒険記録

day.110 終わらないアップダウン

 El Salto - Durango 

 

メキシコ人曰く、2000mのアップダウンは平坦路らしい。

おはようございますやしまるです!

世界真っ平ら説、ある!!!

 

寝かせてもらった部屋がボイラー室の上だったので、床暖房並みに暖かく快適でした。お礼を言おうと思って受付に行ったら、オーナーさんは今日はいないらしい。。やっぱ御礼は会える時に言っておくものですね。。

 
f:id:remaker314:20171216153703j:image

ちょっと悔しいので、ホテルを宣伝します!!笑

ここです!

【Real del bosque】

 f:id:remaker314:20171216055715j:image

部屋も500ペソ(3000円)からあって、併設されているレストランもなかなか安くて美味しいです!なかなかレアだけど、マサトラン 〜ドゥランゴを移動する際は是非!

 

 ちなみにここのスタッフに

『ここからドゥランゴまではアップダウンある?下り?』

って聞いたら

『だいたい平坦であとは下りかな』

と返ってきたので

よっしゃ今日は楽ちんだな〜

 

と思っていた自分がこの時はいました。

 

 

エルソルトの街を抜けてからは、

90キロずっと登りか下りしかありません。

 
f:id:remaker314:20171216153736j:image

こんな道がずーーーーーーーーーと続きます!!

平坦路なんてゼロ!

うぉおおい嘘やんけ!!

 
f:id:remaker314:20171216153852j:image

メキシコ人の言うことは鵜呑みにしてはいけないと誓った。

いや、彼らが強すぎるのかもしれない。。。

 
f:id:remaker314:20171216153917j:image

絞りかすのボロ雑巾のような状態で、ようやくドゥランゴに到着。

雨もポツポツしてたし、野宿する気は全く起きなかったのでホステルへ向かいました。

 

メキシコ本土入ってから、まだ一度も野宿してないんですが、まぁ良いでしょう、、安いし。

 
f:id:remaker314:20171216154005j:image

今日のホステルは【la casa de bruno】というところ。一泊230ペソ(1380円)でなかなか綺麗でスタッフさんも優しいです!

 

夕方、ドゥランゴの街を少し散策。

近くにマーケット街があって安く食料を仕入れることができます!

 
f:id:remaker314:20171216154048j:image

この場所にアジア人がいるのって凄い珍しくて、めちゃくちゃジロジロ見られるんですが、逆にカメラを向けると皆にっこりしてくれるのは面白いですねー!

 

 
f:id:remaker314:20171216154134j:image

家族経営のトルティーヤ屋さん。写真とってくれよ‼って言われたからカメラ向けたら、皆バッチリキメ顔でした。

 
f:id:remaker314:20171216154214j:image

街並みはなんだかヨーロッパっぽい。色とりどりの家と、少し漂うクリスマスムードが心地よい。


f:id:remaker314:20171216154329j:image

とか思ってたらなんと次の日も泊まることになるのでした。

 

走行距離100キロ

合計距離8180キロ