旅とカメラと自転車と 

大学院生のゆるゆる冒険記録

Where is my bicycle!?

 

f:id:remaker314:20171229081545j:image

つい昨日の夕方、メキシコシティ、ソカロ周辺の自転車屋街で買い物をしていたところ、自転車を盗まれました。

 

店主と自転車について話しており、鍵はかけなかったものの自転車は屋内に入れてありました。時間にして10秒です。ほんの一瞬、レジで六角レンチのサイズについて話していた、その隙に盗られました。

 

この自転車屋街は大通りに面して100mほど続いており、店と車道の間には歩道があります。歩道には屋台がひしめき合っており、自転車を持って移動するのは困難な場所でした。

 

もしかしたら、自転車屋街を回っている時に目をつけられていたのかもしれません。この辺りではよくあるそうで、僕も始めは警戒はして鍵をかけたり、何度も見返すようにしていたのですが、最後の一軒だけ、店内に自転車を入れたという安心感から鍵をつけていませんでした。

その結果、ほんとのほんとに、一瞬で、まるで最初からなかったのように、全く音もなく跡形も無く消えていました。

 

すぐに辺りをダッシュで探しましたが、流石に見つからず、店主と二人で泣きながら周りの人に聞いて回るも、情報はなし。まじか。。。。。

 

犯人はフレームに各都市のステッカーがベタベタ貼ってあるのを見て何を思ったのか。遠くから来た良いチャリだと感じたのか、それともただ邪魔なだけと感じたのか……

 

いずれにせよ、戻ってくることはないでしょう。明日には、もしかしたら今日中には分解されて売られているかもしれません。店のオーナー曰く、見つけるのは非常に困難なことで、もし見つかっても殴り合いになる可能性が高いとのことです。クリスマスや年末年始は特に、お金が必要になったメキシコ人による盗難が増えるらしいです。

 

今日来た人も、バスの中でスマホを盗られてるし、1週間前も財布を盗られた人が宿に来たんだとか。やはり中米は中米でした。

メキシコを走っている方、これから走る方、僕以上に警戒している人がほとんどだとは思いますが、『室内』でも、『大通りに面して』いても要注意です。。