Ride on Dream 自転車南北アメリカ大陸縦断

9割の好奇心と一割の不安で挑む,大学院生の自転車冒険記

day.147 ラパスでのんびりゆったり

Batallas - La Paz

 

遂に腕の皮が旅に出てから3回目の脱皮を開始しました。嘘…私の皮膚再生頻度高すぎ…!?おはようございますやしまるです。

 
f:id:remaker314:20180118223713j:image

本日は良い天気の中ボリビアの首都ラパスを目指す!

昨日の夜やはり雨が降ったようで、道路は湿っているものの、空気は澄んでいて遠くまで見渡せます。

 

徐々に周りを囲んでいる山々も標高が上がり、6000mを超えると立派に雪化粧し始めています。いや、永久凍土なのかな?

 
f:id:remaker314:20180118223810j:image

途中までは、高原の中を快適ドライブなんですが、エルアルトの街に入り始めると、急に交通量が増し始める。

ペルーみたいにクラクションがうるさかったり、タクシーが縦横無尽なんてことはあんまりないんですが、代わりに乗り合いバスや軽トラがビュンビュンと走ります。しかも、道路脇には屋台が並び始め、車と人で道路が大混雑状態に。

 

もうめんどくさーい!!となったので、ゴンドラを使うことにしました。ラパスとエルアルトの街の上にはゴンドラが通っており、市民の足として使われています。自転車も載せることができ、料金は6ボリ。やす!

 
f:id:remaker314:20180118223833j:image

道路が混んでいるなら空を通れば良いのだ!!ふははは!!しばらくは快適な天空お散歩。

 
f:id:remaker314:20180118223854j:image

今まではまとまった大きい街がなかったんですが、ラパスは流石首都だけなあってでかい。というか、家がこんなにびっしりと建っているのを久々に見ました。


f:id:remaker314:20180118223937j:image

ボリビアにもこんなに人がいたのか……と密かに失礼なことを思っちゃいました。

ラパスは盆地の一番下が最も栄えています。お金持ちは空気の濃いところに住むんだとか。交通量多すぎて、下の方が空気が汚い気がするんですけど。。セントロまでは快適なダウンヒル

 
f:id:remaker314:20180118224200j:image



f:id:remaker314:20180118235158j:image

ホテルについて、まずは下調べ。ラパス からは世界で最も挑戦しやすい6000m峰と名高いワイナポトシ山へのツアーが出ており、色んな会社がツアーを出しています。

オフィス通りでツアーに参加しようとしたんですが、、、今はどちらかというとオフシーズンでグループがなかなか集まらないらしい。個人でも参加できるそうなんですが、値段はそれだけ高くなる。むむむ……

天気的に明後日出発がベストなので、1日待つことにしました。

 

その後は日本料理店『けんちゃん』へ。

先日、コパカバーナでカツ丼なるものを食べたのですが、正直言って全く美味しくなかった。なので日本食リベンジとしてこの店に行ったんですが……

 

頼んだのはこちら。

『けんちゃんチキン定食』

 
f:id:remaker314:20180118235156j:image

57ボリ(912円)と僕の一日の食費が吹き飛ぶ値段ですが、お世辞抜きにめちゃくちゃ美味かったです!!個人的には味噌汁と漬物が完全に日本でした。漫画も読めるし、BGMはバックナンバーだし、ここにいる間は完全に日本。南米を忘れられます。

 

店の横には図書館もあり、日本の小説や漫画が読めます。ここのスタッフの人としばらくお喋りして、今日は終了。このご飯屋と図書館のセットは何時間でも居られる気がする。というか、多分明日も行きます。笑

 

明日はオフですが、ツアー参加者見つかるといいなぁ〜〜〜

まぁ、マンツーマンで参加でも全然良いんですけどね、、、誰かいないかな…

 

走行距離50キロ

合計距離9410キロ