Ride on Dream 自転車南北アメリカ大陸縦断

9割の好奇心と一割の不安で挑む,大学院生の自転車冒険記

day.154 バス10ボリ、パン10ボリ


f:id:remaker314:20180131005850j:image

Oruro - Quillacas

おそらくこれを見ている頃には僕はウユニ塩湖を超えているでしょう。おはようございますやしまるです。案の定wifi全然ありません。

 

今日も移動日。

本当は昨日のうちにチャヤパタまでバスを乗り継いで行くはずが、ボリパやらなんやらやってるうちに行けませんでした。

今日はチャヤパタまでバスで行って、そこからウユニ塩湖方面へ走って行きます!

 

オルロ のバスターミナルに行って、チャヤパタまでいくらかかるんだろうな〜、高かったらチャリで行っちゃおうかな〜〜と半ば悩みながらオフィスに行って見ると……

 

なんと、120キロ先の街まで10ボリ(160円)だそうです!!

奥さん!!事案ですよこれは!!

 

だってさっき食べた昼ご飯のスープも10ボリ!

 f:id:remaker314:20180130045409j:image

夜ご飯用に買ったパンも10ボリ!

 

10ボリってだいたい一食分くらいの値段なはず。。ボリビアバス旅行捗るなぁ

 

自転車も特に分解したりコンパクトにする必要なく、そのままドーンと載せられます。マジ楽。

 

バスが来るまで時間があったので、オルロ 名物の線路市場を見に行きました。

 

実際に使われている線路のすぐ横(というか上)に屋台が立ち並び、週末のフリーマーケットのようにズラーッと道路中に広がっています。

 f:id:remaker314:20180130045513j:image

食料やら小物やらお土産やら、、、所狭しと並んでいるのですが、いかんせん統一性がないので、特に何も買わずに出てしまいました。

今回は見れなかったんですが、電車が通るとこの屋台が一瞬で片付けられる様子が観れるそうです。

 f:id:remaker314:20180130045535j:image

時間はかかるけど、ウユニまで都市を乗り継いで行ったほうが安くて面白いかもしれませんね…!

 f:id:remaker314:20180130045552j:image

そしてバスで快適にチャヤパタまで。

実際、ラパス 〜チャヤパタ間は合計30ボリで350キロを吹っ飛ばせるし、街の郊外に広がるスラム街を通らなくて済むので急ぎのチャリダーには良い手段かも。全部晴れてたけど。。

 

バスを降りて、自転車に乗り換えます。

この辺りからは広々としたアルティプラノ(高原地帯)が地平線まで続き、非常に快適なサイクリング。

 f:id:remaker314:20180130045614j:image

遠くの山が、浮いているように見えます。錯覚か何かなんでしょうか。

 
f:id:remaker314:20180131005635j:image

 
f:id:remaker314:20180131005827j:image

f:id:remaker314:20180131005850j:image

自転車旅はリアルRPGという話をよく聞くけれど、たまに本当にゲームの世界にいるんじゃないかという光景に出くわします。


f:id:remaker314:20180131005807j:image

街まで行くか迷ったんですが、最近ホテル泊が多すぎるので野宿することにしました!

リハビリだリハビリ!!

 f:id:remaker314:20180130045640j:image

ちなみにこの道路下の空間はチャリダーがよくお世話になる場所なんですが、同時にトラックのおっちゃんの隠れトイレスポットでもあります。

 

壁の近くにはカピカピになったおっちゃんの💩がいっぱい。でも臭くないからまぁいいか。

 

チャリンコ乗るの久しぶりだけどやっぱ良いですね、晴れてると!


f:id:remaker314:20180131005920j:image

夕方えげつない色の夕日が見えました。明日も晴れてくれ〜〜!

 

走行距離45キロ

合計距離9485キロ