旅とカメラと自転車と 

大学院生のゆるゆる冒険記録

day.182 鬼の23時間バス移動、始まり〜!


f:id:remaker314:20180227054525j:image

San Pedro de Atacama - San Tiago

 

チリに入国してゆっくりしたいところですが、僕には時間があまりなかった。

ななななんと、日本からはるばる大学の後輩や先輩がここ南米に来て、一緒に走る予定があるのです!!イエエェェェェエエエイィイ!!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

ちなみに集合は明日。やべえ。間に合わない。ウユニと宝石の道でゆっくりしすぎました。

 
f:id:remaker314:20180226024945j:image

ここサンペドロデアタカマから集合場所の首都サンティアゴまではバスが出ているので、たまには優雅なバスの旅と洒落込もうじゃないか!という事で慣れない顔でバスターミナルに殴り込むのでした。

 
f:id:remaker314:20180226025019j:image

使うバス会社はturbus。おそらくアタカマからサンティアゴ抜けするバスはここしかないんでないかな。

料金はお一人様46300ペソ。日本円にして8334円。むむむ。。。まぁまぁだ。

そして、自転車の追加料金は20000ペソ。日本円にして3600円。たっけえ!( ゚д゚)

 

自転車僕の半分もかかってるじゃないか!と値段交渉してみたんですが、ダメでした。バニーちゃんももう立派な女性(設定)なのだ…

 
f:id:remaker314:20180226025118j:image

『バラさないと乗せられないよ』と言われたので、久し振りに輪行状態へ。モンベル輪行袋、度重なる酷使で穴が空きまくってるんですが、片っ端からガムテープで補強してて見るも無残な姿に。自転車が入ればいいんだ入れば!!

 

バスが動き出すと、広大なアタカマ砂漠が車窓に映ります。月の谷とか、星空ツアーとかアタカマも色々面白そうだったんですけどね。まぁ、次来た時に行けばいいか。

 
f:id:remaker314:20180226025231j:image

f:id:remaker314:20180226025154j:image

そして、心配事が一つ。アタカマからサンティアゴまでは1400キロ。移動時間は脅威の23時間。まじすか。

 

心配事はもう一つあります。夜ご飯として渡されたのはこのクッキー1枚とジュース。これ、夜ご飯です。…戦後?

 

果たして僕のお尻とお腹は持つのだろうか!?

オラ、なんだかワクワクしてきた!!