旅とカメラと自転車と 

大学院生のゆるゆる冒険記録

day.205 雨雨雨坂坂坂あ゛あ゛あ゛!!

Puert Bertrand - Cochrane

 

ななななんと、ずっと二位〜三位を停滞していた学生世界一周カテゴリで、一位に踊り出ることができましたー!!やったーー!🙌🙌

f:id:remaker314:20180320061642j:image

まぁ、他のブロガーさんが書いていない時に偶々上がったってだけなんですが、それにこのカテゴリもそんなに大きいわけじゃないんですが。

 

それでも一つ目標にしてたことなので素直に嬉しいです!( ´▽`)いつも見ていただいて、ポチッとバナーを押してくれる皆さん、ありがとうございます!もう少しだけ僕は走り続けます!!

 

そんなハッピーなニュースをみて心ワクワクしていた中、出発。

この日は朝から虹がかかっていました。

 
f:id:remaker314:20180321030545j:image


f:id:remaker314:20180321030621j:image

なんだか良い一日になりそうだ……!!


f:id:remaker314:20180321030815j:image

と期待に胸を膨らませて……いるところまでは良かった。

この後地獄が待っていた。

 

雨が降るのは天気予報で分かっていたので実際降り出してもそこまで気にはしなかったんですが、問題はその雨量!

 

ゴアテックスを着ていても強風で勢いのついた雨水は雹が当たったようにビシビシと上着を貫通してきます。痛い!寒い!!

 

雨が降るのであれば突破するのみ。

全速力で雨雲をぶち抜いてやる!と意気込んで走る。

しかし、そんな僕の思いを打ち砕くアップダウンがあらわれ始めました。f:id:remaker314:20180320061800j:image

 

なんすかこの傾斜!しかも未舗装で水を含んでいるので滑る滑る!なんなんですか!

登った後も、今度は止まらないダウンヒルの始まりでもはや怖いという感情しか生まれません。

 

そして何より坂も雨も長ーーーーい!!

f:id:remaker314:20180320061930j:image

登っても登ってもまだまだ登り坂は終わらなく、スリル満点過ぎるダウンヒルの後、また更に超傾斜の坂。登りは暑くて汗をかき、下りは雨が浸水し外からも中からもビショビショの濡れ濡れ!!

それが1時間ほど続き、僕の我慢はブチンと切れ気づけば

あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛あ゛長いんじゃぁあぁぁああ!!!!(´Д` )/』

と叫ばずにはいられませんでした。。

全く、嫌な…事件だったね……。

 

コクランの街手前1キロまでは何もなく、ガソリンスタンドで雨宿りをさせてもらう。

今日は本当はキャンプ場に泊まる予定だったんですがあまりの雨に満場一致てまたもやカバナへ!

貸切ロッジってめちゃんこやりたい放題できるから気楽で良いんですよね。

 

この日借りたロッジはトランキーロで借りた所よりも広く、共用スペースも大きくて伸び伸びと過ごせました。

 

コクランには食料品だけでなくチェーンソーや銃まで売ってる"強い"スーパーマーケットがあり、必要な物はほぼここで買うことができます。

 

夜は勿論、肉とワイン!!

4人で約1.5キロの肉をどどーん!と買い、全て焼く!

f:id:remaker314:20180321181403j:image

やってやりました。天気の悪さはご飯でカバーする。こうしないとやってられん!

wifiはまぁまぁでしたが、コクランから最後のオイギンス村までの230キロは寄り道しない限り村はありません。各々息抜きになってよかったんじゃないでしょうか。


走行距離45キロ
合計距離11090キロ